前へ
次へ

税理士に金融機関との折衝を相談します

中小企業の多くは顧問税理士に取引金融機関との折衝に関して相談します。具体的にはスムーズに借入ができるようにするためには、どのような資料を用意して、どのように説明すれば金融機関が納得してくれて融資を受けられるか相談するのです。また、取引金融機関の中でどの金融機関に借入申込をするのがベストであるかも税理士に相談します。金融機関との取引にはメインバンク、準メインバンクなどの存在があり、他の金融機関を含めて取引のバランスがありますので、そのような点も税理士はアドバイスできるのです。企業の中には金融機関への借入の申込の際や、決算の説明に税理士の同席を求める場合もあります。金融機関にとっても専門家の同席は歓迎できます。

Page Top