前へ
次へ

交通事故に遭った時の対処方法

交通事故に遭ったらすぐに救急車を呼びましょう。自身で呼べない場合には加害者や周りに集まってきた人にお願いすることになります。また、交通事故の内容によっては警察への連絡も必要です。自身が被害者の場合、とても行動できる状態ではないこともあります。通常、加害者や通りかかった人などがやってくれるので任せましょう。そして治療後に落ち着いたら、いろいろと手続きをすることになります。損害賠償などの請求をすることになるのです。治療費も加害者に請求できます。一般的には双方の話し合いで済ませられるはずですが、内容次第では弁護士が介入することもあります。どうしても話し合いがうまくいかなかったり、損害額が大きかったりする場合には弁護士に相談してみましょう。また、その時はスムーズに手続きが済んでも、後から後遺症が出てくることもあります。交通事故は数年経ってから後遺症に悩まされる人が多いのです。そんな時にも交通事故に詳しい弁護士に相談してみましょう。

Page Top